• ホーム
  • ニュース
  • サービス
  • 会社概要
  • 採用情報

ニュース

南極海鯨類科学調査船が今朝下関港に帰港しました

2017年03月31日

昨年11月18日に出港し、南極海で鯨類科学調査に従事していた調査母船の日新丸と目視標本採集調査船の第二勇新丸、第三勇新丸が今朝、山口県下関港に帰港しました。また、目視標本採集調査船の勇新丸も今朝、宮城県塩釜港に帰港しました。

今回も南極海では反捕鯨団体シー・シェパードの妨害船に遭遇する場面もありましたが、乗組員の奮闘により計83日の調査期間に計画通り333頭のミンク鯨のサンプル採集を完了し、延べ134日間に及ぶ航海を無事終了しました。

調査の結果については下記のウェッブサイトを参照ください。

水産庁> http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/170331.html

日本鯨類研究所> http://www.icrwhale.org/170331ReleaseJp.html

20170331_入港?.jpg

(上)下関港の岸壁で開催された調査船団入港式 (下)下関港に入港する第二勇新丸

20170331_入港?.jpg

共同販売が神田で事務所開き

2017年03月22日

昨年共同船舶から分社化し、主に調査捕鯨の副産物販売を行っている共同販売株式会社は、新事務所を東京・神田に移転し、昨日より業務を開始しました。

本日は、午後4時から日本鯨類研究所、共同船舶、日本捕鯨協会など関連団体のほか、水産庁や水産業界紙、鯨肉取扱い業者などを招待し、事務所開きを行いました。

共同販売の設立以降、新製品の開発や新販路の開拓など、着実に業績を伸ばしており、今後は神田を拠点に鯨肉需要の拡大を担っていきます。

共同販売株式会社の新事務所の住所・連絡先は下記の通りです。

〒101-0043 東京都千代田区神田富山町1番地3 金陽神田ビル3階
電話番号: 03-6260-9760
FAX番号: 03-6260-9761

事務所開き.jpg

左から森社長、小泉常務、日本鯨類研究所・藤瀬理事長、日本捕鯨協会・山村会長