• ホーム
  • ニュース
  • サービス
  • 会社概要
  • 採用情報

ニュース

第二勇新丸が南極海鯨類資源調査(JASS-A)に向け出港しました

2020年12月 4日

201204_2YS_FULL.jpg

本日、当社所属の第二勇新丸が、南極海における鯨類の非致死的調査(南極海鯨類資源調査:JASS-A)の実施に向け、塩釜港を出港しました。

本船は来年3月に帰港するまで、大型鯨類の資源量推定に必要な目視データの収集や、自然標識撮影やバイオプシー試料の採集を行う予定です。

調査に関する詳細は、下記の水産庁並びに一般財団法人日本鯨類研究所のウェブサイトを参照ください。

写真:(一財)日本鯨類研究所提供

水産庁「令和2年度(2020年度)南極海鯨類資源調査を実施します」

(一財)日本鯨類研究所:「2020/2021年度南極海鯨類資源調査(JASS-A : Japanese Abundance and Stock-structure Surveys in the Antarctic)の実施について」