• ホーム
  • ニュース
  • サービス
  • 会社概要
  • 採用情報

ニュース

今日、調査母船の日新丸が土生港より出港しました

2016年05月13日

 昨日下関港から目視採集調査船の勇新丸と第二勇新丸の2隻が先行して出港しましたが、今日は調査母船の日新丸が土生港より出港しました。

 乗船しているのは、調査員も含め船長以下100名で、7月下旬まで北西太平洋で調査に従事する予定。

 捕獲する標本はイワシクジラ90頭、ニタリクジラ25頭を予定しています。

23北日新丸出港.jpg

今日、勇新丸と第二勇新丸が下関港より出港しました

2016年05月12日

 今朝、第二期北西太平洋鯨類捕獲調査に従事する目視採集調査船の勇新丸と第二勇新丸が下関港より出港しました。両船は7月下旬まで北西太平洋沖合で致死的調査と非致死的調査に従事します。

 また、調査母船の日新丸は、明日、土生港より出港する予定です。

 北西太平洋での鯨類捕獲調査(JARPN)は、1994年より開始され、その後2000年からは同海域における鯨類の摂餌生態の解明に重点を置き第二期調査(JARPN II)として継続されています。政府はすでに、来年度からは計画を見直し、新計画の下で新たな調査を開始する方針を示しており、今回がJARPNIIの最終航海となる見込みです。

23北下関出港.jpg