• ホーム
  • ニュース
  • サービス
  • 会社概要
  • 採用情報

ニュース

共同販売が神田で事務所開き

2017年03月22日

昨年共同船舶から分社化し、主に調査捕鯨の副産物販売を行っている共同販売株式会社は、新事務所を東京・神田に移転し、昨日より業務を開始しました。

本日は、午後4時から日本鯨類研究所、共同船舶、日本捕鯨協会など関連団体のほか、水産庁や水産業界紙、鯨肉取扱い業者などを招待し、事務所開きを行いました。

共同販売の設立以降、新製品の開発や新販路の開拓など、着実に業績を伸ばしており、今後は神田を拠点に鯨肉需要の拡大を担っていきます。

共同販売株式会社の新事務所の住所・連絡先は下記の通りです。

〒101-0043 東京都千代田区神田富山町1番地3 金陽神田ビル3階
電話番号: 03-6260-9760
FAX番号: 03-6260-9761

事務所開き.jpg

左から森社長、小泉常務、日本鯨類研究所・藤瀬理事長、日本捕鯨協会・山村会長

2016年度新南極海鯨類科学調査船団が出港いたしました

2016年11月18日

南極海のクロミンククジラを対象とする鯨類科学調査に従事する調査船団は、本日までに全船が出港いたしました。

今回で2度目となる新南極海鯨類科学調査(NEWREP-A)は、国際捕鯨取締条約第8条に基づき、農林水産大臣の許可を受けて実施しているもので、商業捕鯨の再開に向け南極海クロミンククジラの捕獲枠算出の精度を高めるために必要な生物学的データの収集を目的としています。

今回調査に従事するのは、調査母船・日新丸と目視採集調査船の勇新丸、第二勇新丸、目視調査船の第三勇新丸、第七開洋丸の五隻で、その他に水産庁の監視船が同行しています。

調査に関する詳細は下記のウェッブサイトをご参照ください。

水産庁> http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/161118.html

日本鯨類研究所> http://www.icrwhale.org/161118ReleaseJp.html

出港式.JPG

N2南日新丸出港.JPG

(写真上)岸壁で行われた日新丸の出港式

(写真下)南極海へ向け岸壁を離れる日新丸と見送る関係者