日新丸診療所(その1)

私が最初に乗船した船は、東回り世界一周へ出航しようとする外国航路の船でした。 もう35年以上も前のことです。

アメリカに寄港した時、入国手続き中にクルーは全員日本人であると係官へ告げると驚いて、先週入港した日本船は半分だけ日本人船員だったというのです。 すでに私が船乗りになる以前から、日本人船員と外国船員の混乗が始まっていたのです。 

また当時は他国の船も含め、船医はほとんど乗船しておりませんでした。     船医が乗船しているのは客船や三国航路の船の一部だけと聞かされたことがありますが、それも定かではありません。

さて、当社の調査母船「日新丸」には船医が乗船しておりますし、診療所も開設しています。  保健所から認可を受けた、れっきとした診療所で「日新丸診療所」と言います。 診療所の所在地は、便宜上、当社の住所になっていますが、これが船舶に開設されているところから、いろいろと話題に事欠きません。

これからは、時々、日新丸診療所についてアップしていきたいと思います。

野田        

 

 

 

カテゴリー: くじらトリビア収集隊, 活動日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。