今年も霞が関にバレニンちゃん登場

7月27日(水)、28日(木)の2日間、子ども霞が関見学デーが開催され、水産庁の会場には今年もバレニンちゃんが登場し、子どもたちに大人気でした。

お昼には鯨の竜田揚げの試食250人分がふるまわれ、大勢の子どもたちから「おいしい」「食べたことある」との声が。学校の給食で食べたようです。逆に母親(20~30代?)は経験がなく今回初めて食べた方も多くいました。

IMG_2450

 

カテゴリー: 未分類 |

バレニンちゃん、吉池で鯨肉特売を応援

4月30日、御徒町の吉池鮮魚売場で鯨肉の特売があり、日本捕鯨協会のゆるキャラ「バレニンちゃん」が応援に登場しました。この日吉池では、刺身用の赤肉が通常より2割引きで販売され、鯨肉に含まれる抗疲労成分バレニンをPRして、鯨肉の普及に貢献しました。また、店内では当社の営業部が鯨の汐皮を使ったくじら汁の試食を行い、鯨の脂質に多く含まれるDPA、DHA、EPAなど不飽和脂肪酸の摂取が簡単に摂れ、成人病予防にもなる簡単レシピを紹介し、汐皮の販促に取り組みました。

くじら汁の試食を応援するバレニンしゃん

くじら汁の試食を応援するバレニンしゃん

吉池ビルの店頭に登場すると大人から子供まで大人気のバレニンちゃん

吉池ビルの店頭に登場すると大人から子供まで大人気のバレニンちゃん

カテゴリー: バレニン・プロジェクト |

吉池さんでくじら汁試食、バレニンちゃん登場

2月27日、御徒町の『吉池』鮮魚売場でくじら汁の試食を提供しました。くじらの本皮(脂身)を使った新潟の郷土料理で、現在でも山間部では夏場に塩蔵した本皮と夏野菜を使い家庭で調理する習慣が残っており、農作業の忙しい時期のスタミナ食とされているそうです。

当日は、こうした日本の食文化を応援に、バレニンちゃんも登場し、来店したお客さんとのスキンシップや記念撮影に応じていました。

吉池鮮魚売場でくじら食文化をPRするバレニンちゃん

吉池鮮魚売場でくじら食文化をPRするバレニンちゃん

カテゴリー: バレニン・プロジェクト |

第6回全調協食育フェスタに出展しました

2月24日、25日の2日間、東京ドームシティ・プリズムホールで開催された公益社団法人全国調理師養成施設協会(服部幸應会長)主催の「第6回全調協食育フェスタ」に今年も出展しました。

開会式テープカット

開会式テープカット

一般財団法人日本鯨類研究所のブースでは、全国で展開している「クジラの学校」の取り組みを紹介する傍ら、当社では、北海道などの東日本を中心に今も郷土食として根強く継承されている「くじら汁」の試食を提供。くじら汁に使用する本皮(脂身)の栄養上の魅力や、調理方法について来場者に紹介しました。今回はあっさりとした醤油ベースの味付けで提供したところ、くじら汁を始めて食べるという若年層からも高い評価をいただきました。当日ブースにお立ち寄りいただきました皆様方にお礼申し上げます。

バレニンちゃんも参加しました

バレニンちゃんも参加しました

ゆるキャラのバレニンちゃんも2日間イベントに登場し、来場者との記念撮影に応じたり、大勢の子どもたちとスキンシップをとることができ、とてもご機嫌でした。

カテゴリー: 活動日記 |

スーパーマーケット・トレードショーに行ってきました

今日から東京ビックサイトで始まった第50回スーパーマーケット・トレードショーに行ってきました。ビックサイトの東西全館を使っての大イベントです。今回も全国の鯨製品が多数展示されていたので、東へ西へ、また東へと会場を歩きまわり、写真を撮ってきました。

東棟の2号館では、丸水札幌中央水産さんの展示ブースに鯨特設コーナーが設けられ、缶詰やベーコンを中心に各種鯨製品が展示され、くじら汁や鯨のにぎり寿司の試食が行われています。

その他、西棟の地方・地域食品ゾーンでは、宮城県に木の屋石巻水産さん、山口県にマル幸商事さん、長崎県に日野商店さんなどがそれぞれブースを設け、自社の鯨製品を展示・試食しています。

トレードショーは今日から12日(金)まで開催していますので、ぜひお出かけください。

丸水札幌中央水産様の鯨特設コーナー

丸水札幌中央水産様の鯨特設コーナー

木の屋石巻水産様のブースでは新製品「鯨の旨煮」缶詰の試食を提供

宮城県の木の屋石巻水産様のブースでは新製品「鯨の旨煮」缶詰の試食を提供

マル幸商事様のブース

山口県のマル幸商事様のブース

日野商店様のブース

長崎県の日野商店様のブース

カテゴリー: くじらグルメ探検隊 |

森山農水大臣年頭所感

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

森山農林水産大臣は、年頭所感で捕鯨についても述べております。

第四 「水産政策の推進」部分一部抜粋

「捕鯨については、国際司法裁判所の判決を踏まえた

新たな調査計画に基づく鯨類捕獲調査を進め、商業捕鯨の再開を目指してまいります。」

農水省HP: http://www.maff.go.jp/j/kunzi/h280101.html

カテゴリー: 未分類 |

北海道道南地方の正月料理「鯨汁」

By Mihira

道南の正月料理「鯨汁」。薄く切った鯨の皮と山菜やダイコン・人参などとともに煮た汁物のこと。正月が来ると大きな鍋いっぱいに作り、三が日の間家族みんなで食べます。道南では豊漁を願う縁起の良い正月料理として古くから愛されています。

地元の鯨汁を食べてみたい!と函館にある「茶房菊泉」さんへ行ってきました。雪が積もる中行くと、日本家屋の素敵なお店です。大正時代に酒問屋を営んでいた方のお家をそのまま店舗として使っているそうです。

11022

店内には囲炉裏もあり、とても落ち着く雰囲気。早速「鯨汁とお赤飯のセット」を注文しました。コンブ出汁に山菜がたくさん入っており、ほどよい鯨の皮の旨みが口いっぱいに広がる鯨汁です。寒い冬に芯から温まるやさしい鯨汁でした。

11019

この料理を提供する菊泉の店主さんは道外のご出身だそう。函館に住むようになり、函館の郷土料理を観光客の方にも、と提供を始めたそうです。今は国内だけでなく、海外の方も注文されるメニューになっています。

11017 11018 11020

鯨汁の他にも和スイーツがたくさんあるので、観光の合間に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

カテゴリー: くじらグルメ探検隊 |

森山農水大臣を表敬訪問

12月4日、日本鯨類研究所、共同船舶㈱、日本捕鯨協会の

3団体は農水省を訪れ、森山農水大臣に調査捕鯨再開の謝意を述べました。

その後の話の中で、

何度も南極海の調査事業に従事し、シーシェパードの妨害も経験している

高松職場委員が船員代表として、

早急な妨害対策や調査継続に必要な船舶確保の重要性等を力強く訴えました。

151204 農水大臣表敬訪問

カテゴリー: 未分類 |

和歌山県太地町のくじらを試食

11月12日(木) 自民党本部でおこなわれておりました「和歌山ふるさと市場」に行き、

「くじらソーセージ」と「くじら角煮」を購入、お昼に皆で試食しました。

ソーセージはミンククジラ肉15%配合とあり、鯨の赤身(赤肉)がいっぱい入っているのが確認できます。魚肉ソーセージと畜肉ソーセージの中間の食感といえ、とても美味しいです。

角煮は、肉質はしっかりしていますが、レンジで温めたら、とてもやわらかくご飯のおかずにも、酒のつまみにも合います。

和歌山ふるさと市場ソーセージと角煮

 

カテゴリー: 未分類 |

服部栄養専門学校の学園祭で美味しいクジラの竜田揚げを食べてきました

11月7日、服部栄養専門学校(渋谷区代々木)の学園祭に行ってきました。

お目当ては、日本料理コーナー「魚の舞」で提供している『金目煮付、クジラの竜田揚げ膳』(700円)。午前11時の開会直後に到着するも、すでにお店の前には長蛇の行列。それでも並びがいあって料理の味と華やかさに大満足。特にクジラの竜田揚げは、長年食べてきた中でも天下一品。ごちそうさまでした。

金目煮付、クジラの竜田揚げ膳

金目煮付、クジラの竜田揚げ膳

お品書き

お品書き

カテゴリー: 社員のひとり言コーナー |