タレントの松尾貴史さんも応援してくれています

先日、経堂「さばの湯」にて和紙の輸出卸専門商社㈱森木ペーパーの森木貴男社長と

タレントで折り紙愛好家でもある松尾貴史さんとのトークイベントが行われ参加してきました。

トークイベントの後は、9月4日の「くじらの日」制定を記念し、

皆さんに鯨料理を食べていただきながら鯨の話題で盛り上がりました。

参加したのはほとんど女性でしたが、皆さん一様に「おいしい」と大好評。感激しました。

(写真:右から二人目が松尾貴史さん)

 何の用意もないまま、突然のオーダーにも、快く「鯨のすき焼き」を調理して下さった、「さばの湯」さんには感謝です。

松尾さんにも鯨食について熱く応援していただきました。また、個人的にも「ヨドケン君」と覚えていただけました!ありがとうございました!

 

 

カテゴリー: くじら文化を考える, 情報提供, 活動日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。