高知の三大鯨料理です。

( ノ゚Д゚)こんにちは

高知の定評のある居酒屋「福」を訪問いたしました(」・ω・)。

前は、「魚福」という名前でしたが、他地域の同じ名前の店から文句を

言われたので、魚をとって「福」に店名を変更したそうです。

人気店だからこその鷹揚な態度であります。

今回は、高知を代表する三大鯨料理を研究してきましたので

報告いたします。

①鯨のペラカツです。

 

これは冷凍状態の薄い鯨肉をたたいて薄くしてから、カツにしたものです。昔は高知の子供達はこれをおやつがわりに食べていたそうです。

この薄さが食べやすいので、小生はこれが一番好きでした。

②鯨の舌です。イワシ鯨の舌を店主みずからボイルしたものです。

以前にも紹介しました。

最高の状態でボイルされてあり、とろけるような柔らかさになっております。そこに、高知ならではの、にんにくの葉がすりおろされた緑の「ぬた」をつけていただきます。色どりも美しくなり食欲をそそります。

③最後に、鯨のすき焼きです。11月頃ににんにくの葉が出回るころに、高知ではすき焼きの素材に鯨肉を使います。

もともとは畝須スライスを使うのですが、本皮でもよいようです。

関西のハリハリ鍋よりも、関東の人間にはむしろ親しみやすいかもしれません。甘辛のタレにクジラの脂がとけだしております。この素晴らしい調和は食べてみなければわからないものです。

これらの鯨づくしに子供たちも大喜びでした。

しかし高知の

彼女らの舌は良い意味で肥えています…。

 

カテゴリー: くじらグルメ探検隊   パーマリンク

コメントは受け付けていません。