林大臣が「消費者の部屋」を視察、バレニンちゃんと一緒に

今日、林芳正農林水産大臣が「消費者の部屋」を訪れ、「わが国の大切な食文化を守っていくためには政策も大事だが、まずは食べることが大事だ」と挨拶し、バレニンちゃんと一緒に、参集した鈴木俊一捕鯨議連会長や望月義夫環境大臣など多くの国会議員の来場を歓迎しました。

「消費者の部屋」で歓迎の挨拶をする林大臣

「消費者の部屋」で歓迎の挨拶をする林大臣

展示を視察する林大臣

展示を視察する林大臣

「消費者の部屋」には正午ごろ、林大臣の来訪に合わせ、20名以上の国会議員が視察に集まり、鯨の竜田揚げとステーキを試食した後、農林水産省北別館1階の食堂「咲くら」で鯨のフルコースを堪能しました。

鯨の竜田揚げとステーキを試食する来賓

鯨の竜田揚げとステーキを試食する来賓

「咲くら」では林大臣主催の昼食会

「咲くら」では林大臣主催の昼食会

「消費者の部屋」での鯨特別展と試食は26日(金)まで行われています。

 

カテゴリー: くじら文化を考える   パーマリンク

コメントは受け付けていません。