太地町で鯨づくし

仕事で久しぶりに和歌山県太地町へ行ってきました。

皆さんご存知のように組織的捕鯨発祥の地として有名な「鯨の町」です。

その国民宿舎・白鯨で、鯨づくしの料理を堪能してきたのでご紹介します。

最初に紹介するのはイルカのすき焼きです。生まれて初めて食べました。太地町の三軒町長によれば、昔はすき焼きと言えばイルカ肉が当たり前だったとか。確かに牛より美味しいかも。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

次は、刺身の盛り合わせです。右上の赤身はゴンドウ鯨の尾肉だとか。癖もなく、勝浦の生マグロより美味しいかも。もちろんその左隣の紅白造り(調査捕鯨副産物)も負けていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に紹介するのは珍味の盛り合わせ。皮から内臓まで無駄なく頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ごちそうさまでした。

カテゴリー: くじらグルメ探検隊   パーマリンク

コメントは受け付けていません。